TOPIXが反落、円安一服と景気先行き懸念-午後は乱高下

東京株式相場はTOPIXが反落。 為替の円安傾向の一服に加え、消費税増税後の国内景気の不透明感、中 国経済への不安がくすぶった。午後は、先物投資家の持ち高調整に振り 回され、急伸後に失速するなど乱高下。業種では輸送用機器など輸出関 連、鉱業や非鉄金属など資源関連、海運株が安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。