NY原油(18日):上昇、シーウェイが輸送能力拡大へ

ニューヨーク原油相場はここ2週間 で最大の上げ。北海ブレント原油との価格差が縮まった。エンタープラ イズ・プロダクツ・パートナーズが、5月にもシーウェイ・パイプライ ンの輸送能力を2倍余りに引き上げると明らかにしたことが手掛かり。 1日当たり85万バレル余りをオハイオ州クッシングからヒューストンへ 運ぶことが可能になる。

エナジー・アナリティクス・グループのディレクター、トム・フィ ンロン氏は「シーウェイのニュースが材料視された」と指摘。「この状 況は、なぜWTIがブレントよりも堅調なのかを明確に説明している。 シーウェイの能力拡大でクッシングの在庫はさらに減少する」と続け た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比1.62ドル(1.7%)高の1バレル=99.70ドルで終了。上昇率は3日以 降で最大となった。

ロンドンのICEフューチャーズ・ヨーロッパで取引されるブレン ト先物5月限は55セント(0.5%)上昇の1バレル=106.79ドル。

原題:WTI Crude Rises Most in Two Weeks on Seaway as Brent Gap Shrinks(抜粋)

--取材協力:Dan Murtaugh、Barbara Powell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE