米国債:3日ぶりに反発、FOMCでのガイダンス変更を予想

米国債相場は3営業日ぶりに上昇。 市場では、金融当局が将来の政策金利引き上げの目安として、失業率だ けでなくさまざまな経済指標を幅広く考慮するとの観測が広がってい る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。