NY金:2週ぶり大幅安-ロシア大統領発言で逃避需要が減退

ニューヨーク金先物相場は続落。2 週間ぶりの大幅安となった。ウクライナ情勢の緊張が和らいでいる兆し を背景に、安全逃避先の金に対する需要が減退、一方で株価は上昇し た。ロシアのプーチン大統領はウクライナのさらなる分割を目指しては いないと言明。米連邦公開市場委員会(FOMC)が18、19両日の会合 で緩和策をさらに縮小するとの観測も強まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。