GM:安全担当グローバル責任者職を新設-不具合調査を強化

米ゼネラル・モーターズ(GM)の メアリー・ バーラ最高経営責任者(CEO)は18日、自動車安全担当 グローバル責任者のポストを新設し、エンジニアリング歴40年の幹部ジ ェフ・ボイヤー氏を同ポストに昇格させた。12人の死亡と関連があると されるGM車の不具合に関する調査は強化されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。