海上救難、警戒監視の装備品輸出も容認へ-新武器3原則指針(訂正)

政府が閣議決定を目指している武器 輸出の新たな原則案を運用するための指針が分かった。新たに日本と協 力関係にある国に対する海上救難、警戒監視にかかわる装備品の輸出も 認める方針。政府が18日、与党のプロジェクトチーム(PT)の会合に 提示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。