ロ大統領の動機、米欧当局者の見方分かれる-歴史も影響か

ロシアのプーチン大統領がクリミア を独立国家として承認する大統領令に署名するなど迅速な動きを見せ、 西側諸国とロシアの間の緊張は一段と高まっているが、米欧当局者にと ってプーチン大統領の行動と動機は依然不可解なままだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。