豪中銀:低金利による刺激効果の兆候増加-4日の会合議事録

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)が18日公表した金融政策決定会合(4日)の議事録によると、出席 したメンバーは過去最低水準の金利が経済成長を刺激している兆候が増 えていると指摘し、金利の安定期間が続くとの見通しをあらためて示し た。

4日の会合では政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートの 誘導目標を過去最低の2.5%に維持することを決めた。議事録は「タイ ムリーな経済指標はここ数カ月の経済状況の改善と一致している」と指 摘。「これまでの為替レートの下落は均衡した経済成長の達成に寄与す る見込みだが、為替レートは歴史的基準からすれば依然として高いとメ ンバーは指摘した」という。

市場関係者やエコノミストは、豪中銀が鉱山プロジェクト減少に伴 う成長格差を回避するため年内は政策金利を据え置くと予想。一方、低 水準の借り入れコストによる住宅価格上昇を背景に中銀は追加利下げに は消極的。中銀は2011年終盤以降、計2.25ポイントの利下げを実施し た。

議事録は「住宅建設許可件数はこの数カ月、集合住宅、一戸建てと もに力強い伸びとなり、向こう数四半期は住宅投資が大幅に増加するこ とを示唆している」と指摘。「建設各社は見通しについて楽観的で、新 規の住宅購入希望者からの問い合わせが増えたと報告している」とい う。

原題:RBA Saw More Signs Low Interest Rates Helping Spur Economy (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE