中国不動産の株と社債が値下がり-浙江興潤の破綻で懸念増大

中国の一部不動産会社の株式と社債 が18日の市場で値下がりしている。中国の景気が減速し当局が融資抑制 に取り組む中で同国の不動産開発会社、浙江興潤置業投資が破綻したこ とが明らかになり、デフォルト(債務不履行)が増え始めるとの懸念が 強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。