ドル・円相場は101円台後半、ウクライナとFOMCにらみ

東京外国為替市場ではドル・円相場 が1ドル=101円台後半を中心に推移した。世界的に株価が反発するな どリスク回避の流れが一服する中、円売りが先行。欧州市場に向けて は、ウクライナ情勢に対する警戒感から、円を買う動きが強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。