日本株は5日ぶり反発、ウクライナ懸念後退と円高一服を好感

東京株式相場は5営業日ぶりに反 発。ウクライナ情勢に対する懸念が和らぎ、為替の円高一服も追い風に なった。電機など輸出関連、ガラスや非鉄金属といった素材関連、情 報・通信や医薬品株など幅広く買われ、東証1部33業種は全て高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。