超長期債が下落、20年債入札低調で売り優勢-利回り2カ月ぶり高水準

債券市場では超長期債相場が下落。 きょう実施の20年債入札で最低落札価格が市場予想を下回る結果となっ たことを受けて売りが優勢となった。20年債利回りは約2カ月ぶり高水 準まで達した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。