FOMC、金利変更目安を質的ガイダンスに変更へ-調査

ブルームバーグがまとめたエコノミ スト調査によると、米連邦公開市場委員会(FOMC)は19日の会合後 に発表する声明で、これまで政策金利変更の目安としていた失業 率6.5%に替えて、より質的なガイダンスを示す見通しだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。