公示地価:三大都市圏6年ぶり上昇-アベノミクス、五輪効果

国土交通省が18日発表した公示地価 (2014年1月1日時点)によると、東京、大阪、名古屋の三大都市圏の 地価はリーマンショック発生時以来、6年ぶりに上昇に転じた。デフレ 脱却を目指す安倍晋三政権下の大胆な金融緩和や景気回復で、不動産投 資や住宅取得の需要が高まっていることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。