日本企業の海外M&Aブームに勢い-リーマン後の忍耐で強い財務力

日本企業による海外企業の買収・合 併(M&A)の勢いが止まらない。今年はサントリーホールディングス による160億ドル(約1兆6700億円)の米ビーム社買収で幕を開け、ほ かにも大型案件が目白押しだ。背景には強くなった企業財務力と好転し た資金調達環境がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。