ブラジル株:ボベスパ指数は上昇-成長見通し上方修正を好感

17日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が3営業日ぶりに上昇。エコノミストらが国内総生産 (GDP)伸び率の見通しを上方修正したことが好感された。

航空会社ゴル・リニャス・アエリアス・インテリジェンテス は3.7%上昇し、先月6日以来の大幅高。採算性を測る指標が2月に上 昇したことが材料視された。ドラッグストアチェーンのライア・ドロガ ジルは2.5%値上がりし、1週間ぶりの高値。一方、ブラジル石油公社 (ペトロブラス)は原油相場安を背景に1.6%値下がり。公益株の下げ がボベスパ指数の上昇を抑えた。

ボベスパ指数は前週末比0.3%高の45117.80で終了。14日には2009 年以来の安値に下げていた。指数を構成する73銘柄のうち35銘柄が上昇 した。通貨レアルはサンパウロ時間午後5時25分(日本時間18日午前5 時25分)現在、0.1%安の1ドル=2.3485レアル。ブラジル中央銀行 が17日公表したエコノミスト約100人を対象とする週間調査の結果によ れば、今年の経済成長率の予想は1.7%と、前回調査の1.68%から引き 上げられた。

証券会社オマール・カマルゴ・インベスチメントスのアナリスト、 フェリペ・ロシャ氏は電話取材に対し、「悲観的な見方の後退が株式相 場を支えた」と指摘。「ここ数日とは異なり、明るい材料が若干増えて いる」と述べた。

ボベスパ指数は14日、13年10月の高値からの下落率が20%に達し、 弱気相場入りした。新興市場資産が売られる中で、景気減速によってブ ラジルの信用格付けが引き下げられるとの懸念から不動産株や小売り銘 柄が値下がりした。

原題:Ibovespa Climbs as Economists Raise Growth Forecast; Gol Rallies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE