新興市場株が反発、クリミア投票で混乱なく安心感-露株上昇

17日の新興市場の株式相場は、前週 末に付けた1カ月ぶりの安値から反発。クリミア自治共和国の住民投票 でさらに武力衝突が起きるとの懸念が後退した。ロシアのRTS指数は 世界の株価指数で最大の上げを演じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。