NY原油(17日):下落、対ロシア制裁でも混乱なしとの見方

ニューヨーク原油先物相場は一時5 週間ぶり安値に下落。またロンドン市場の北海ブレント原油も5週ぶり 安値で取引を終了した。米国と欧州連合(EU)がロシアへの追加制裁 に動いたものの、原油の供給に支障が生じる可能性は低いとの見方が広 がった。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「初期 の制裁では原油の流れに影響は出ない」とした上で、「ロシア経済を減 速させる可能性はある」と加えた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前週末 比81セント(0.8%)安の1バレル=98.08ドルで終了。一時97.37ドル と、日中ベースでは2月7日以来の安値を付けた。

ロンドンのICEフューチャーズ・ヨーロッパで取引されるブレン ト先物5月限は1.97ドル下げて1バレル=106.24ドル。終値としては2 月4日以来の安値。

原題:WTI Falls, Brent Drops to Five-Week Low as Russia Sanctions Set(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Moming Zhou、Roger Runningen、Margaret Talev.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE