3月17日の米国マーケットサマリー:円が下落、株は反発

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。 (表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3926   1.3914
ドル/円            101.73   101.36
ユーロ/円          141.67   141.03


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       16,247.22     +181.55   +1.1%
S&P500種           1,858.83     +17.70    +1.0%
ナスダック総合指数    4,279.95     +34.55     +.8%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .36%        +.02
米国債10年物     2.69%       +.04
米国債30年物     3.63%       +.03


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,372.90    -6.10     -.44%
原油先物         (ドル/バレル)   98.00      -.89     -.90%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では、円が6日ぶりに対ドルで下落。ロ シア株とルーブルの上昇で、クリミアでの住民投票の結果が直ちに域内 の混乱悪化につながるとの懸念が後退した。

中国人民元はドルに対して11カ月ぶりの安値に下落。中国人民銀行 (中央銀行)が元の許容変動幅を従来の2倍に拡大した。ユーロは対ド ルで下げを埋める展開。米国と欧州連合(EU)はロシアの当局者らに 対する制裁を発動した。

野村ホールディングスの外国為替ストラテジスト、チャールズ・サ ンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「ウクライ ナ、西側諸国、ロシアの緊張に目立った悪化は見られないようだ。かな りリスクオンの日だった」と述べ、「先週はネガティブな要素がかなり 相場に織り込まれていたため、今のところは安心感が広がっている。多 くの投資家はずっと悪い展開を予想していた」と続けた。

ニューヨーク時間午後3時49分現在、円は主要通貨の大半に対して 下落。対ドルでは0.4%下げて1ドル=101円75銭。円は対ユーロ で0.5%下げて1ユーロ=141円69銭。ユーロは対ドルでほぼ変わらずの 1ユーロ=1.3925ドル。

◎米国株式市場

米株式市場ではS&P500種株価指数が反発。鉱工業生産指数の上 昇で景気に対する楽観が強まった。ウクライナ情勢も注目材料。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前週末比0.9%上昇の1857.83で終了。ダウ工業株30種平均は181.55 ドル(1.1%)高い16247.22ドルで終えた。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ投資ストラテジスト、 マーク・ルッシニ氏は「弱い指標の一部は天候が明らかに影響したとの 見方を鉱工業生産指数は後押しした」と指摘。天候の影響を受けた「ト レンドは後退し、もっと良い経済指標がこれから発表される可能性があ る」と述べた。

◎米国債市場

米国債市場では10年債利回りが上昇。米連邦公開市場委員会 (FOMC)が今週の会合で債券購入プログラムの規模をさらに縮小さ せると、アナリストらは予想している。10年債利回りは先週、週間ベー スで2カ月ぶりの大幅低下となっていた。

米国債相場は2営業日続落となる。クリミア自治共和国がウクライ ナからロシアへの帰属替えを選んだ住民投票結果を受け、米国と欧州連 合(EU)はロシアやクリミアの当局者らに対する制裁を発動した。 FOMCは19日、量的緩和策の下での毎月の債券購入額を550億ドルに 減らし、政策金利引き上げの見通しに関してガイダンスを改めると予想 されている。この日発表の経済指標では、ニューヨーク地区の製造業景 況指数が上昇し、米鉱工業生産指数では製造業の生産指数が6カ月ぶり の大幅な伸びとなった。

ノバスコシア銀行の米国債トレーディング責任者、チャールズ・コ ミスキー氏(ニューヨーク在勤)はFOMCについて、「台本通りだろ う。100億ドルの追加縮小だ」と予想。また「市場はウクライナ情勢を 消化しようとしている。先週の材料は大半がウクライナ情勢で、質への 逃避が見られた。それがある程度巻き戻されたようだ」と付け加えた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後2時7分現在、10年債利回りは前週末比3ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)上昇の2.69%。同年債(表面利率2.75%、2024年 2月償還)価格は1/4下げて100 28/32。

10年債利回りは先週13bp低下と、1月10日終了週以降で最大の下 げとなった。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は反落。一時は6カ月ぶりの高値を付けた が、下げに転じた。米鉱工業生産指数が市場予想を上回る伸びとなった ことを背景に、代替投資の買いが減退した。2月の米鉱工業生産は製造 業の生産指数が昨年8月以来の大幅な伸びとなり、市場予想も上回っ た。S&P500種株価指数は一時1%上昇した。

ビジョン・ファイナンシャル・マーケッツ(シカゴ)の金属取引担 当ディレクター、デービッド・メーガー氏は電話インタビューで、「米 経済指標の強さを受けて、金の魅力がやや後退しており、連邦公開市場 委員会(FOMC)会合が再び焦点になっている」と指摘。「クリミア の情勢不安や暴力の兆し、ロシアに対する経済制裁があれば、金は再び 買われるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前週末比0.4%安の1オンス=1372.90ドルで終了。一時 は1392.60ドルと、中心限月としては昨年9月9日以来の高値をつけ た。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は一時5週間ぶり安値に下落。またロン ドン市場の北海ブレント原油も5週ぶり安値で取引を終了した。米国と 欧州連合(EU)がロシアへの追加制裁に動いたものの、原油の供給に 支障が生じる可能性は低いとの見方が広がった。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「初期 の制裁では原油の流れに影響は出ない」とした上で、「ロシア経済を減 速させる可能性はある」と加えた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前週末 比81セント(0.8%)安の1バレル=98.08ドルで終了。一時97.37ドル と、日中ベースでは2月7日以来の安値を付けた。

ロンドンのICEフューチャーズ・ヨーロッパで取引されるブレン ト先物5月限は1.97ドル下げて1バレル=106.24ドル。終値としては2 月4日以来の安値。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE