元ソシエテのケルビエル被告、審判控え1400キロを歩く理由

仏銀ソシエテ・ジェネラルに巨額損 失を負わせたとして有罪判決を受けた元トレーダー、ジェローム・ケル ビエル被告(37)は、欧州縦断1400キロメートルの行脚で少なくとも1 人を味方に付けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。