EU、21人を制裁対象-クリミア住民投票に責任ある当局者ら

欧州連合(EU)はウクライナから の分離を選択したクリミアの住民投票に責任があると見なされる当局 者21人に制裁を科すことを決めた。最初から厳しい制裁措置を求める意 見を、ロシアとの交渉を望む加盟国が抑えた。

制裁の対象はロシア国民13人、クリミア住民が8人で、資産凍結と 渡航禁止の措置が取られる。ブリュッセルで17日開催されたEU外相会 合で決まった。対象者の氏名は同日中に明らかにされる。EU加盟各国 の首脳らは20、21日のサミットで、対象者の拡大やより幅広い経済制裁 を決める可能性もある。

ドイツはEUが「ロシアに明確に理解されるメッセージを送ると同 時に、交渉による解決の可能性を残しておくことを望む」とシュタイン マイヤー独外相が会合進行時に述べていた。

原題:EU Targets 21 Officials in Response to Crimea’s Bid to Secede(抜粋)

--取材協力:Peter Laca.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE