クリミア住民投票、96.8%がロシア編入支持-欧米は制裁警告

ウクライナ南部のクリミア自治共和 国で16日実施されたロシアへの編入を問う住民投票では、編入への賛成 が96.8%に上った。住民投票責任者のミハイル・マリシェフ氏が最終開 票結果を明らかにした。米国と欧州連合(EU)はロシアに対し、クリ ミアを併合しないよう警告。冷戦終結後で最も緊迫した外交的にらみ合 いが続く中、対ロシア追加制裁の発動が近づいている。

マリシェフ氏によれば、選挙結果は特別市セバストポリを除いたも の。選挙管理委員会によれば、投票率は83.1%だった。EU外相らはブ リュッセルでの会合で、ロシアによるクリミア実質掌握にかかわる人物 や組織に対する査証発行禁止や資産凍結を決める見込み。EU当局者が 明らかにした。

EUのアシュトン外交安全保障上級代表は会合前に記者団に、「会 合ではいわゆる住民投票について協議する。これは国際法とウクライナ 憲法に照らして違法だ。EUは対応を検討する必要がある」と語った。

ウクライナ政府と米国も今回の住民投票は違法との認識を示してい る。一方、ロシアは「国際法に完全に沿っている」という立場。米欧は ロシアがクリミア併合の考えを捨てなければ制裁を強化する構えだが、 ウクライナ政府によればロシアは国境に約6万人の兵力を集結させてい る。ウクライナ側はロシアとの国境を閉鎖し向こう15日間で最大1 万5000人の志願兵を動員するとウクライナ政府当局者が16日述べた。

ホワイトハウスは、国際社会は「ロシア軍の介入による暴力の脅し と威嚇の下で行われた住民投票の結果を認めない」との声明を発表。 「ロシアの行動は情勢を不安定化させる危険なものだ。軍事介入と国際 法違反によりロシアが払う代価は一段と大きくなる」と表明した。

--取材協力:Scott Rose、Ksenia Galouchko、Vladimir Kuznetsov、Elena Mazneva、Patrick Donahue、Daryna Krasnolutska、Jake Rudnitsky、Ott Ummelas、Kateryna Choursina、Gopal Ratnam、Angela Greiling Keane、Andras Gergely、Thomas Penny、Lyubov Pronina、Catherine Dodge、Sangwon Yoon、Zulfugar Agayev.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE