アジア株:MSCI指数、下落-クリミア住民投票めぐる対立で

アジア株式市場で、MSCIアジア 太平洋指数は下落。先週は2012年以来の大幅な下げとなっていた。ウク ライナのクリミア自治共和国で行われたロシア編入をめぐる住民投票に 欧米諸国は反発している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。