ロシア株反発、国債と通貨も値上がり-制裁厳しくないとの見方

17日のロシア金融市場では株式相場 が先週末の4年ぶり安値から反発し、通貨ルーブルも7営業日ぶりに上 昇に転じた。クリミア自治共和国の前日の住民投票を受けたロシアへの 制裁の影響は限定的との見方から、国債も値上がりした。

ロシア株の指標のMICEX指数は3.7%高の1283.70で終了。ルー ブルは過去最安値から反発し、ロシア中央銀行が市場操作を終了したモ スクワ時間午後6時現在、中銀の通貨バスケットに対し前週末比0.6% 高の42.7821ルーブル。2027年2月償還のルーブル建て債の利回りは35 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の9.36%。前週には一 時、過去最高になっていた。

米欧はこの日、ロシアに対する追加制裁を発表。住民投票ではクリ ミア住民の96%以上がウクライナからロシアへの帰属替えを選択した。 ウクライナと欧州連合(EU)、米国はこの結果を認知しないと表明。 一方、クリミア議会はこの日、独立を宣言した。

ウラルシブ・セキュリティーズ(ロンドン)の株式セールス担当デ ィレクターのキリル・ヤンコフスキー氏は、制裁という「結果は当初考 えられていたよりはるかに小さい。これで終わりでない可能性はある が、今のところ市場は若干の改善を織り込んでいく公算だ」と話した。

--取材協力:Sarmad Khan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE