熱中症死亡は倍増、洪水被害は3倍も-地球温暖化の研究報告

地球温暖化が進めば、熱中症死亡が 多くなり、洪水による被害も増えるとの研究報告を茨城大学や国立環境 研究所などの研究機関が17日発表した。

同報告は熱ストレスに関連した死亡は年間約3000人と現時点で推定 した。対策が取られない場合、死亡者数が倍増する可能性があるとい う。

茨城大の三村信男教授がプロジェクトリーダーを務めた報告書は、 政府が推進できる対策として熱中症シェルター設置、緑地・街路樹の整 備、省エネビルへの建て替えがあると指摘した。

洪水対策が取られなかった場合、被害額が2100年までに3倍程度に なるとの推定も示された。1981年から2000年までの洪水被害額の平均は 約2000億円。

この報告は今月下旬に横浜で開かれる気候変動対策を話し合う専門 家会議の議論のたたき台となる。

原題:Global Warming May Double Japan Heat-Related Deaths, Study Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE