クリミアの市民歓喜、「未来への希望得た」-緊張高まる中

欧米諸国とロシアの対立の焦点とな っているクリミア自治共和国の住民の大半は、欧米が違法と指摘する16 日の住民投票でロシア編入の承認が確実になったことを祝った。クリミ アは60年前、ロシアからウクライナへと帰属を移した。

クリミアの中心都市シンフェロポリで開かれた集会に参加した美容 師のヤーナ・セベルさん(19歳)は「きょう私たちはより良い未来への 希望を得た」と語った。「ウクライナでは大きな機会を得られないが、 ロシアに編入されれば前途は明るい。教育やキャリアの展望が開け る」。

クリミア住民投票の暫定結果によれば、ロシア編入支持は約96%。 ウクライナ政府と欧州連合(EU)、米国はいずれも今回の住民投票を 認めていないが、ロシアは国際法に則っていると指摘している。

世界の主要国が住民投票に関して声明を発表する中、クリミアの住 民はシンフェロポリのレーニン像の周囲に集結。ロシア国旗を手に歌い 踊りながら通りを進む人も見られた。

原題:Crimeans Celebrate Vote to Join Russia as Ukraine Tensions Rise(抜粋)

--取材協力:Henry Meyer、Ilya Arkhipov.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE