アジアとペルシャ湾岸諸国、武器輸入で最大の割合占める

アジアとペルシャ湾岸の国々が2009 -13年に武器輸入で最も大きな割合を占めたことが、ストックホルム国 際平和研究所(SIPRI)の調査で明らかになった。一方、中国は主 要輸出国としての地位を確立した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。