中国金利スワップレート上昇-元の変動幅拡大で資金流入減観測

中国の短期金融市場で17日、1年物 金利スワップレートが上昇している。人民元の許容変動幅がこの日から 拡大されたことで、短期的な資金流入が減少するとの観測が広がり、金 利を押し上げた。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、同スワップレートは上 海時間午前10時11分(日本時間同11時11分)現在、前週末比3ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、4.08%。先週は週間で36b p低下していた。

銀行間資金の取引センターNIFCがまとめた加重平均金利による と、14日物レポ金利は14bp上昇し、2.7%。先週までは週間ベースで 7週連続で低下していた。

原題:China Swap Rate Rises as Inflows Seen Falling on Wider Yuan Band(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE