消息不明のマレーシア機、インド洋で墜落の可能性濃厚-米議員

消息不明となっているマレーシア航 空機の行方について複数の米有力下院議員は16日、インド洋で墜落した 可能性が「濃厚だ」とする一方、370便に何が起きたのかを究明する国 際的な支援に対してマレーシア当局が抵抗していると指摘した。

連邦捜査局(FBI) の元特別捜査官である米下院情報特別委員 会のマイク・ロジャース委員長(共和、ミシガン州)はCBSテレビの 報道番組で、「インド洋に墜落したとの見方が恐らく最も有力だと、私 が話した多くの人が指摘している」と発言。「ただそうした結論に至る 上で欠かせない物的証拠がないため、まだあらゆる可能性を排除できな い」と述べた。

米下院国土安全保障委員会のテロ対策・情報小委員会のピーター・ キング委員長(共和、ニューヨーク州)は16日のABSテレビの番組 で、マレーシア当局がFBIと国際刑事警察機構(インターポール、 ICPO)の支援に抵抗していると指摘。「マレーシアは全く協力的で ないと認識している。持っている情報を出すことに非常に消極的だ」と 語った。

マレーシアは不明機の捜索範囲を北はカザフスタンから南はオース トラリア沖のインド洋海底まで拡大する準備を進めている。

米議員らはまた、テロリストとの関連を示す手掛かりはないとも述 べた。キング議員は「テロリストの通信傍受もなく、テロを示唆するも のは何もない」と語るとともに、「可能性は排除できないが、事件初日 から情報コミュニティーでは何も捕捉されていない」と指摘した。

コクピットで何かが発生か

米下院国土安全保障委員会のマイケル・マッコール委員長は番組 「フォックス・ニュース・サンデー」で、テロの可能性は排除できない が、その「証拠はない」と話した。また「現時点で多くのことが不明」 だが、「あらゆる証拠はコックピットの方向を指している」とも述べ た。

米運輸安全委員会(NTSB)元幹部のピーター・ゴエルズ氏は同 じ番組で、全てが順調なことを示すシグナルを操縦室が管制官に最後に 送る前に通信が遮断されたことは、「操縦室で何かが起こっていたこと を示す証拠だ」と指摘した。

マレーシアのナジブ首相は15日、同機が8日に管制官と最後に交信 した後、7時間近く飛行したことが通信衛星の記録で分かったと説明し ている。

原題:Jet Probably Crashed in Ocean as U.S. Help Resisted: Lawmakers(抜粋)

--取材協力:Gail DeGeorge.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE