中国:スラム街再開発で今年に1兆元以上を投資-CCTV

中国は今年、スラム街の再開発で1 兆元(約16兆5000億円)強を投資する計画だ。成長エンジンの1つとし て都市化を加速させる政策の一環。国営の中国中央テレビ局 (CCTV)が16日報じた。

CCTVが住宅都市農村建設省の計画として伝えたところでは、今 年の再開発対象地域には475万強の世帯が含まれる。中国共産党と国務 院が策定した今年から2020年までの計画を引用してCCTVが報じたと ころでは、中国は都市化を支援するため財政と金融面での改革も進め る。再開発計画の資金源については触れていない。

中国の指導層は世界第2位の同国経済について、投資や輸出よりも 国内消費に依存する成長モデルへとシフトさせるため、都市化を加速さ せる方針。李克強首相は13日、国民の基本的な住宅ニーズ充足への取り 組みを政府が強化すると述べていた。

新華社通信は都市化計画を引用して、中国が鉄道や高速道路、空港 の建設を加速するなどと伝えた。

原題:China Plans to Spend Over $163 Billion Redeveloping Shantytowns(抜粋)

--取材協力:Li Liu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE