中国人民元:対ドルで11カ月ぶり安値-中銀が許容変動幅を拡大

中国人民元は17日、ドルに対して11 カ月ぶりの安値に下落。中国人民銀行(中央銀行)が元の許容変動幅を 従来の2倍に拡大した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前週末比0.45%安の1ドル=6.1781元。一時0.51%安の6.1818元 と、2013年4月以来の安値となった。

人民銀は17日から元の対ドルでの許容変動幅を中心レートの上下 2%に拡大すると発表。従来は1%だった。人民銀はこの日の中心レー トを0.04%元高方向の6.1321元に設定した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港のオフショア取引 では、元は0.19%安の6.1669元。一時は0.27%下落し、10カ月ぶり安値 の6.1722元を付けた。元の1年物ノンデリバラブル・フォワード( NDF)は0.05%高の6.2110元。

原題:Yuan Tumbles to 11-Month Low as Band Widening Spurs Volatility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE