ロシア富豪:損失膨らみ戦々恐々、追い証におびえる

「ロシアのビジネスマンたちは非常 に怖がっている」。ロシアの元億万長者アレクサンドル・レベデフ氏 (54)はそう語る。

レベデフ氏は冷戦時代に英国の旧ソ連大使館で勤務した経験があ り、現在は持ち株会社ナショナル・リザーブを所有する。電話インタビ ューで「ロシア経済はリスクにさらされている。追加証拠金(追い証) の請求や外貨準備の引き出し、為替レートの下落、物価上昇の可能性が ある。それが心配だ」と話す。

ロシアのクリミア自治共和国介入後、市場の変動性が高まり対イラ ン形式と同様の経済制裁が強化される恐れがある。このため、ロシアと ウクライナの億万長者たちは損失が膨らむリスクにさらされている。世 界の富豪上位300人のランキング、ブルームバーグ・ビリオネア指数に よると、ウクライナ南部のシンフェロポリ空港が武装集団に占拠された 2月28日以降、ロシア富豪上位19人の資産評価額は計183億ドル(約1 兆9000億円)失われた。

アルバット・キャピタル(モスクワ)で5億ドル相当の資産運用に 携わるユリア・ブシュエバ氏は、「クリミア情勢による不安定さは新興 財閥にとって問題になり得る」と指摘。「富豪たちが保有している上場 企業の株式を与信枠の担保としている場合、追い証の支払いに直面する 可能性があり、銀行との再交渉が必要になる」と述べた。

原題:Russia’s Wealthiest Face Margin Calls With Billions at Stake (1)(抜粋)

--取材協力:Yuliya Fedorinova、Devon Pendleton、Irina Reznik、Linus Chua、Laura Marcinek.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE