日本株は4日続落、ウクライナ情勢を警戒-不動産や金融中心

東京株式相場は4営業日続落。クリ ミアの住民投票実施後もウクライナ情勢をめぐる混乱は収束せず、世界 経済や金融市場の先行きを懸念する売りが続いた。不動産や金融株など 投資リスクに敏感なセクターのほか、建設、電機など東証1部33業種 中、32業種が安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。