【今週の債券】長期金利0.6%台上限探る、20年入札警戒-リスクオフも

今週の債券市場で長期金利は0.6% 台で上昇余地を探る展開が予想されている。超長期債の需給悪化懸念を 背景に今週実施の20年債入札への警戒感が出ているためだ。半面、ウク ライナ情勢が一段と緊迫化すれば金利が切り下がるとの見方もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。