ゴールドマン、クレムリンとの約束と成長見通しの間で板挟み

ゴールドマン・サックス・グループ が、ロシアによるクリミア侵攻で困った立場に立たされた。同社は1年 前にロシアの魅力を投資家に対して高める業務をクレムリンから請け負 っているのだが、同社エコノミストらは13日、ウクライナ危機で企業が 投資を手控えるとの見通しを示しロシアの成長率予想を引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。