3月14日の米国マーケットサマリー:円が対ドルで5日続伸

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。 (表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3907   1.3868
ドル/円            101.31   101.84
ユーロ/円          140.88   141.25


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       16,065.67     -43.22     -.3%
S&P500種           1,841.13      -5.21     -.3%
ナスダック総合指数    4,245.40     -15.02     -.4%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .34%        +.00
米国債10年物     2.65%       +.00
米国債30年物     3.59%       .00


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,379.00    +6.60     +.48%
原油先物         (ドル/バレル)   98.97      +.77     +.78%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで5日続伸。過去10カ月 で最長の上昇局面となった。クリミアのウクライナからの分離につなが り得る住民投票を16日を控え、円への逃避需要が高まった。

ルーブルは主要31通貨の大半に対して下落した。ケリー米国務長官 とロシアのラブロフ外相はロンドンで6時間にわたり会談したが、ウク ライナをめぐる対立の打開には至らなかった。ユーロは対ドルで一 時0.5%上昇した。テクニカル要因から損失覚悟のドル売りが誘われた とみられている。

BNPパリバのディレクター、マサフミ・タカダ氏は「明らかに市 場はロシア、ウクライナ情勢、今週末のクリミア住民投票に対して非常 に神経質になっており、それは全てリスク回避の動きのつながってい る」と指摘した。

ニューヨーク時間午後2時43分現在、円はドルに対し前日比0.5% 高の1ドル=101円34銭。週間では1.9%上昇し、1月24日以来の大幅高 となった。5日続伸は昨年5月1日以来。対ユーロでは0.3%安の1ユ ーロ=140円88銭。ユーロは対ドルで0.3%高の1ユーロ=1.3902ドル。 一時は1.3937ドルまで上昇した。

◎米国株式市場

米国株式相場は続落。ウクライナ南部クリミアで16日に予定されて いるロシアへの帰属を問う住民投票をめぐり、米国がロシアとの協議で 対立を打開できなかたことが背景。S&P500種株価指数は前日に5週 間ぶりの大幅安となっていた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比0.3%下げて1841.13。週間ベースでは1月以来の大幅下落と なった。7日には終値の最高値を更新していた。ダウ工業株30種平均は この日43.22ドル(0.3%)安の16065.67ドル。

ファースト・アメリカン・トラスト(カリフォルニア州サンタア ナ)の最高投資責任者(CIO)、ジェリー・ブラークマン氏は電話イ ンタビューで「足元の不安的な値動きはある程度予想していたことだ」 と指摘。「世界中で実に多くの異質な動きが見られる」と述べた。

◎米国債市場

米国債は週間ベースでほぼ2年ぶりの大幅上昇。ウクライナ動乱を 背景に、投資家は米国債に安全を求めて資金を逃避させた。

10年債利回りは10日ぶり低水準をつけた。ケリー米国務長官とロシ アのラブロフ外相は14日、ロンドンで会談したがウクライナをめぐるこ う着状態の打開には至らなかった。エストニアの国防相はこの日、ロシ アがウクライナ東部に侵攻する準備を整えていると述べた。米連邦準備 制度理事会(FRB)が海外中央銀行などから預かっている債券残高 (カストディ残高)は過去最大の落ち込みとなった。制裁の恐れがある ことを背景に、ロシアが保有資産を米国外に移管したとの観測が強まっ た。

ソシエテ・ジェネラルの米国債トレーディング責任者、ジェフリ ー・フェイゲンウィンター氏(ニューヨーク在勤)は「ウクライナ情勢 に対する不安感」を材料に米国債相場が動いていると述べ、「利回り水 準2.60%が強い抵抗線になっている。ロシアが実際に侵攻した場合、利 回りは下がる可能性があるが、この水準は守るだろう」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後2時10分現在、10年債利回りは前日比ほぼ変わらずの2.65%。一時 は3月4日以来の低水準となる2.61%に下げた。週間ベースでは最大18 bp低下と、2012年6月1日終了週以来で最大の落ち込みだった。同年 債(表面利率2.75%、2024年4月償還)価格は100 29/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は続伸し、6カ月ぶりの高値となった。ロ シアとウクライナの情勢が緊迫化していることを背景に、安全逃避の買 いが入った。米国と欧州連合(EU)は制裁をちらつかせ、ウクライナ 南部のクリミア併合を思いとどまるようロシアに迫っている。クリミア はロシアへの帰属替えの賛否を問う住民投票を16日に予定している。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「株式相 場などのリスクが高い資産から金の安全性にシフトする動きが見られ る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.5%高の1オンス=1379ドルで終了。一時は1388.40ドル と、中心限月としては昨年9月10日以来の高値をつけた。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク金先物相場は続伸し、6カ月ぶりの高値となった。ロ シアとウクライナの情勢が緊迫化していることを背景に、安全逃避の買 いが入った。米国と欧州連合(EU)は制裁をちらつかせ、ウクライナ 南部のクリミア併合を思いとどまるようロシアに迫っている。クリミア はロシアへの帰属替えの賛否を問う住民投票を16日に予定している。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「株式相 場などのリスクが高い資産から金の安全性にシフトする動きが見られ る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.5%高の1オンス=1379ドルで終了。一時は1388.40ドル と、中心限月としては昨年9月10日以来の高値をつけた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE