NY金(14日):6カ月ぶり高値-クリミア投票前に情勢緊迫

ニューヨーク金先物相場は続伸し、 6カ月ぶりの高値となった。ロシアとウクライナの情勢が緊迫化してい ることを背景に、安全逃避の買いが入った。米国と欧州連合(EU)は 制裁をちらつかせ、ウクライナ南部のクリミア併合を思いとどまるよう ロシアに迫っている。クリミアはロシアへの帰属替えの賛否を問う住民 投票を16日に予定している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。