米生産者物価指数:2月は予想外の低下、サービスが落ち込む

2月の生産者物価指数(PPI)は 市場予想に反して前月比で低下した。特にサービスは1年ぶりの大幅な 低下だった。

米労働省によると、PPI最終需要は前月比0.1%低下した。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.2%上 昇だった。前年比では0.9%上昇と、昨年5月以来で最も小幅な伸びだ った。

4キャストのシニアエコノミスト、ショーン・インクレモナ氏(ニ ューヨーク在勤)は、PPIの弱さは「天候に関係している可能性があ る。企業は一部の在庫一層を図っている」と述べ、「落ち込みは短期的 なものかもしれないが、全体的には落ち着いている」と続けた。

食品とエネルギーを除くPPIコア指数は0.2%低下。市場予想で は0.1%上昇だった。

サービスは0.3%低下。昨年5月以来で最大の下げとなった。食品 は0.6%上昇。エネルギーは0.5%の上昇だった。

個人消費に連動したPPIは前月比で0.2%低下した。前月は0.3% の上昇だった。

ください。

原題:Wholesale Prices in U.S. Unexpectedly Drop on Services (2) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE