ロシア中銀:金利7%に据え置き-向こう数カ月利下げしない

ロシア中央銀行は14日、主要政策金 利の据え置きを決めた。先週に緊急利上げを実施した同中銀は、向こう 数カ月は利下げしない方針を明らかにした。

中銀はウェブサイトで、1週間物入札レポ金利を7%に維持したと 発表。ブルームバーグがまとめたエコノミスト24人の調査で23人が予想 した通りとなった。1人は6.5%への利下げを見込んでいた。

ナビウリナ総裁率いる同中銀は3日、通貨ルーブルが記録的安値と なったことから、1.5ポイントの利上げを実施した。ウクライナ南部の クリミアでロシアへの帰属替えを問う住民投票が16日に予定されてお り、こうした問題がルーブルへの重しとなっている。

ロシア中銀は声明で「為替ルートの動向がインフレに及ぼす影響を 抑えるとともに、金融安定を維持することが優先事項だ」と指摘し、 「向こう数カ月に政策金利を引き下げる意向はない」と表明した。

原題:Russia Sees Rates Steady for Months After Emergency Increase (1)(抜粋)

--取材協力:Zoya Shilova.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE