新興市場株、週間で昨年6月以来の大幅安-中国・ロシア懸念

14日の新興市場株は下落。週間ベー スでは昨年6月以来の大幅な下げとなりそうだ。中国の景気減速やロシ アの欧米との対立が資金流出を促すとの懸念が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。