アジア株:1カ月ぶり安値、中国成長見通し引き下げで

アジア株式相場は下落。香港市場で ハンセン中国企業株(H株)指数は弱気相場入りに近づいている。投資 銀行少なくとも4行が中国の成長見通しを引き下げたことが響いた。

売り上げの約29%を中国で稼ぐ鉱山会社、英豪系BHPビリトンは シドニー市場で2%安。一方、シンガポールの農産物商社オーラム・イ ンターナショナルは11%高。同国の政府系投資会社テマセク・ホールデ ィングスの子会社が、オーラムの株式公開買い付け(TOB)を行うと 発表した。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時30分(日本時間同3 時30分)現在、前日比2%安の133.89。このまま終了すれば1カ月ぶり の安値となる。週間ベースではこのままいけば3.8%下落と、2012年5 月以来の大きな下げになる。

原題:Asian Stocks Slide to One-Month Low on China Outlook, Rising Yen(抜粋)

--取材協力:Adam Haigh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE