インド:2月のWPI、4.68%上昇-9カ月ぶりの低い伸び

インドの2月の卸売物価指数( WPI)上昇率は9カ月ぶりの低水準となった。物価圧力が抑えられて おり、来月は政策金利据え置きの可能性が高まった。

インド商工省が14日発表した2月のWPIは前年同月比4.68%上 昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場関係者45人の予想中央値 (4.9%上昇)を下回った。1月は5.05%上昇だった。

原題:India Wholesale Inflation Eases to 9-Month Low in February (1)(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE