インド:2月のWPI、4.68%上昇-9カ月ぶりの低い伸び

インドの2月の卸売物価指数( WPI)上昇率は9カ月ぶりの低水準となった。物価圧力が抑えられて おり、来月は政策金利据え置きの可能性が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。