【日本株週間展望】一進一退、海外情勢と割安綱引き-方向難

3月3週(17-20日)の日本株は一 進一退となりそうだ。ウクライナ情勢や中国経済がリスク要因として引 き続き警戒される半面、下値では投資指標面の割安感から買いも入りや すい。双方の綱引きで、株価指数は方向感を欠く展開が予想される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。