BMWや日産が話題独占へ-韓国で電気自動車博覧会

電気自動車(EV)普及で世界トッ プを目指している韓国で、国際電気自動車博覧会が15日から開催され る。ただ、国内最大の自動車メーカーのヒュンダイモーターカンパニー (現代自動車)は参加しない。同博覧会が韓国で開催されるのは初め て。

現代自によれば、同社初のEV車の発表は2016年となるため参加の 見送りを決めた。このため済州島で開かれる今回の博覧会では、海外か ら参加の独BMWや日産自動車が話題を独占しそうだ。

国内で毎年販売される自動車10台のうち9台が国産という韓国で、 現代自がEV車の分野で後れを取っていることは、海外勢にとって同国 進出の絶好の機会となる。韓国政府が検討している排ガス税は、現代自 の人気ガソリン車セダン「ソナタ」や「ジェネシス」の需要低下につな がる可能性があり、そうした点でも環境に優しい企業への変革の遅れは 高くつくもようだ。

韓国の大林大学の自動車工学教授で政府顧問も務めるキム・ピルス 氏は、「現代自は以前から環境に優しい自動車の開発にやや後ろ向き だ」と指摘。「今後2、3年は競合他社が恩恵を受けているのを黙って 見ているしかないだろう」と述べた。

現代自は博覧会に参加しない理由についてコメントを控えた。博覧 会にはBMWがEV車の「i3」、日産は「リーフ」をそれぞれ出展。 米ゼネラル・モーターズ(GM)や仏ルノーの現地部門も参加する。

環境省によると、韓国は20年までにEV登録車を100万台にするこ とを目標にしている。

原題:BMW, Nissan to Take Spotlight at Korea EV Expo As Hyundai Skips(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE