個別銘柄:電力下落、TSテック安い、TASAKI急伸

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

電力株:関西電力(9503)が前日比6.3%安の1081円、東北電力 (9506)が7%安、四国電力(9507)が7.9%安など。電気・ガス業は 東証1部業種別下落率の1位。みずほ証券では、原子力規制委員会が九 州電力の川内原子力発電所1、2号機を優先的に安全審査することを13 日決めたことについて、審査に進展がみられる点は好印象だが、霧が晴 れた状況とは言い難いと指摘。川内原発以外での14年夏までの再稼働が 困難になってきた点はややネガティブな印象とした。

テイ・エス・テック(7313):4.9%安の3240円。2014年3月期営 業利益は前期比57%増の380億円前後になる見通しだと14日付の日本経 済新聞朝刊が報じた。会社計画345億円は上回るものの、ブルームバー グ・データによるアナリスト6人の同予想平均391億円には届かず。

東京ドーム(9681):6.4%安の545円。15年1月期営業利益は前期 比24%減の89億円となる見込み。前期に開催したクライマックスシリー ズや日本シリーズの開催を見込んでいないことや音楽イベントの開催の 減少で減収が予想される上、人工芝の全面リニューアルなど設備改修に よる費用増加も重しとなる。ブルームバーグ・データによるアナリスト 3人の同予想平均は126億円だった。

イーブックイニシアティブジャパン(3658):15%安の1498円で、 東証1部値下がり率1位。15年1月期営業利益計画は前期比44%減の2 億5000万円の見込み。電子書籍市場は拡大が予想されるものの、競争の 激化を想定。値下げの実施などによる粗利率低下、新規購入者獲得コス トの増加などによる固定費増が響く。

TASAKI(7968):14%高の659円。東証1部値上がり率1 位。13年11月-14年1月期営業損益は2億8800万円の黒字だった。前年 同期は3億3700万円の赤字。従来から進めてきた品質の優位性とデザイ ンの先端性を伴うブランド戦略が成果を上げたことで、国内小売部門の 売り上げが伸びたことなどが貢献した。上期(13年11月-14年4月)計 画3億5000万円に対する進ちょく率は82%。

ディップ(2379):2.6%高の1580円。14年2月期営業利益は前の 期比6.9倍の17億円となったもよう。従来計画は13億円だった。アルバ イト求人情報サイトでの機能強化、積極なプロモーション活動を行った ことなどに加え、景況感の回復で顧客の求人需要が高まったことも寄与 した。

スカイマーク(9204):5.7%安の300円。モルガン・スタンレー MUFG証券では、投資判断を「イコールウエート」から「アンダーウ エート」に引き下げた。14年度の国内線値上げは困難との見方に変更し たことで、航空3社で国内線依存度が最も高い同社に最もネガティブだ と指摘。14年3月期営業損益予想を13億円黒字から20億円赤字、来期 を53億円黒字から4億円赤字に下方修正した。目標株価は290円。

第一生命保険(8750):4.3%安の1449円。情報システム子会社が 第一生命のシステムセンター内で保管している磁気テープ2本を紛失し たと発表。約4万人の顧客情報があり、氏名、住所、診断書などを含 む。社外に持ち出された形跡なく、センター内で紛失した可能性が高い としている。

コタ(4923):13%高の994円。20日付で東証1部指定の承認を受 けたと発表。現在の東証2部から変更になることで、投資家層の拡大や 株価指数への組み入れ期待が高まった。

ACCESS(4813):10%安の640円。14年1月期営業利益は前 の期比44%減の8億円と、従来計画10億円を下回った。ネットワーク事 業の主要顧客との取引縮小やフロントエンド事業の伸び悩みなどが響い た。未定としていた期末配当は見送る。今期の営業利益は前期比63%減 の3億円と、さらに減益幅が拡大する見込み。

ミネルヴァ・ホールディングス(3090):150円(21%)高の856円 とストップ高。筆頭株主ソパージャエス ピー アール エルが同社を1 株935円で株式公開買い付け(TOB)を行うと発表。経営陣による企 業買収(MBO)で株式非公開化する。TOB価格にさや寄せの動き。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE