中国の決断時期近づく、刺激策導入の是非-投資や生産鈍化で

中国の都市部固定資産投資が1-2 月としては2001年以来の低い伸びにとどまり、工業生産の増加率が市場 予想以上に鈍化したことを受けて、中国当局に景気刺激策を求める圧力 が強まっている。李克強首相はそうした措置を避けたいとの考えを示し たばかりだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。