論文取り下げ勧告視野、STAP細胞で理研-「重大な過誤」

文部科学省所管の理化学研究所は14 日、新しい万能細胞とした「STAP細胞」に関する英科学誌「ネイチ ャー」に掲載した2つの論文の取り下げを勧めることを視野に入れて検 討していることを明らかにした。研究の中心だった小保方晴子ユニット リーダーは撤回に同意しているという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。