アリババ:米で4月にもIPO申請、香港市場に打撃-関係者

中国最大の電子商取引運営会社ア リババ・グループ・ホールディングは、4月にも米国市場で新規株式公 開(IPO)を申請するため準備を進めている。事情に詳しい関係者が 明らかにした。

準備過程が非公開だとして匿名を条件に語った関係者2人による と、アリババはニューヨークの法律事務所シンプソン・サッチャー・ア ンド・バートレットを起用しIPO申請を準備している。関係者の1人 は今月内のIPO申請もあり得ると話した。

アリババ広報担当の施致瑀氏(香港在勤)は、IPOのスケジュー ルは決まっていないと述べ、引き受け幹事となる金融機関や場所も決ま っていないと話した。シンプソン・サッチャーの広報担当者はコメント を避けた。

関係者の1人は、IPOを通じて調達する資金規模についてアリバ バが申請後数カ月間は明らかにしない可能性もあると指摘した。アナリ ストらは2012年5月の米フェイスブックIPO(160億米ドル)以降で 最大規模になる可能性があると指摘する。アリババの米国での上場 は、40億ドル以上のIPOが2010年10月以降途絶えている香港市場にと っては打撃となる。

元英語教師のジャック・マ(馬雲)会長が1999年に杭州市のアパー トで創業したアリババは、世界第二位の経済大国となった中国の発展を 映し出している。ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、馬会長の 純資産は推定114億ドルと、中国の最富裕層を形成する一人になった。

上海の調査会社チャイナ・スキニーの創業者、マーク・タナー氏は 「アリババは巨大企業だが、さらに大きく成長し続けるだろう」と述べ た。

アリババは日本のソフトバンクが約36%を保有している。

原題:Alibaba Said to Prepare to File for U.S. IPO as Soon as April(抜粋)

--取材協力:Lulu Yilun Chen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE