中国中銀、テンセントなどのバーチャル決済カード発行を阻止

更新日時

中国人民銀行(中央銀行)は、アリ ババ・グループ・ホールディングの傘下企業とテンセント・ホールディ ングス(騰訊)が打ち出したオンライン決済専用のバーチャルクレジッ トカード提供の計画を差し止めた。

国営の新華社通信は人民銀で決済制度を担当する当局者を引用し、 こうしたバーチャルカードやいわゆるQRコードを使った決済の差し止 めは、インターネット金融業界を規制し消費者を保護することを意図し たものだと報じた。

テンセントはオンライン金融商品の販売でアリババや百度(バイド ゥ)と競合している。アリババ傘下で決済サービスを手掛けるアリペイ (支付宝)と中信銀行は、最低200元(約3300円)からの信用を供与す るカード100万枚について来週利用者を募る計画だった。中信銀はテン セントなど他社との提携でもカードを発行する予定だった。

アリババとアリペイの代理人はコメントを控えた。テンセントの投 資家向け広報(IR)担当ディレクター、黄運涛氏に電子メールやテキ ストメッセージを送ったが返答はない。

原題:China Blocks Alibaba, Tencent From Offering Virtual Credit Cards(抜粋)

--取材協力:Lulu Yilun Chen、Xin Zhou.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE