IMF専務理事:対ウクライナ支援策で協議開始へ

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は13日、電子メールで配布した声明で、IMFのチームがウク ライナ向け融資をめぐる交渉を開始し、21日までに作業を完了する方針 であることを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。